【邦楽女性アーティスト】ハッとする歌詞にグッときた。心に残る言葉を含む名曲集

【邦楽女性アーティスト】ハッとする歌詞にグッときた。心に残る言葉を含む名曲集

スポンサーリンク

 

歌詞に魅せられて

 

音楽が欠かせない人生を送ってますが、個人的な聴き方として音楽に求めるほとんどの要素はメロディにあります。

メロディやバンド・アンサンブル等に魅かれて曲を聴くことが主であり、「歌詞」に魅かれて曲を聴くことはない。

洋楽を聴くことは日常ですが、日本語しか分からない僕が外国語の歌詞の内容まで見たり調べたりすることはない。

そんな感じなので完全にメロディ重視というわけですね。

でも、メロディ先行で出会う様々な音楽の中で稀にハッとしてグッときて、心の奥底に残る『詞』『ヒトコト』が盛り込まれた曲を耳にすることがある

そういう曲に出会うと『歌詞』の世界の素晴らしさにも気づく。

今回はメロディの素晴らしさが前提にあり、それに乗せて歌われる『詞』『ヒトコト』がより一層の感動を与えてくれた曲を挙げてみたいと思う。

素晴らしき邦楽女性アーティストの曲の中から。是非。

 

心に残る言葉を含む名曲集

椎名林檎 『ここでキスして

行かないでね
何処にだってあたしと一緒じゃなきゃ厭よ
あなたしか見て無いのよ
今すぐに此処でキスして

一途に想う気持ちをここまでエモーショナルに歌い上げる椎名林檎はやはり凄い。

ストレートな思いが溢れ出すサビ部分にはグッとくる。一見何の変哲もない歌詞のように感じるが、林檎の熱唱がこの曲のステージを上げている。

 

矢井田瞳 『My Sweet Darlin’

ビルも道路も世界もひと思いに壊れてもいい
だってその方があなたを見つけやすいでしょう?
神様はいない
だって祈ったもん 想いが届きますようにって
祈ったもん…

2番の歌い出し部分。この発想にはキュンとくる。たしかにすべて壊れてしまえば見つけやすいでしょう。

究極の乙女心がここにある。一度聴いたら耳から離れない声もメロディもグッドです。

 

松任谷由美 『守ってあげたい

You don’t have to worry, worry,
守ってあげたい
あなたを苦しめる全てのことから

あまりにも有名な曲の歌い出し部分。こんなにも短い言葉なのに包み込む優しさが痛いほど伝わってくる。

こんな風に人を想いたいし、想われてもみたい。色褪せることのない名曲。

Superfly 『愛を込めて花束を

見上げる空の青さを気まぐれに雲は流れ
キレイなものは遠くにあるからキレイなの

この曲で注目すべきはもっと他の部分かも知れないが『キレイなものは遠くにあるからキレイなの』は深い。

いろいろなことに当てはまるし考えさせられる。ラブソングという範疇を越えて妙に心に残っている。

 

竹内まりや 『元気を出して

人生はあなたが 思うほど悪くない
早く元気出して あの笑顔を見せて

この歌は失恋した友へ向けられたものだが、恋愛に限ったことではなく人生の様々なシチュエーションにおいて響く言葉が詰まってる。

特に上記のような言葉には何度も救われた。名曲中の名曲。

プリンセス・プリンセス 『M

どうしてこんなに涙が出るの
もう叶わない想いなら
あなたを忘れる勇気だけ欲(ほ)しいよ

恋をすれば誰でも一度は通る道であろう“失恋”という出来事。情景が浮かぶわかりやすい言葉で綴られたこの歌の中で特に残る言葉。

忘れらない日々を考えると本当にこんなふうに思いますよね。

平松愛理 『部屋とYシャツと私

もし私が先立てば オレも死ぬと云ってね
私はその言葉を胸に 天国へと旅立つわ
あなたの右の眉 みとどけたあとで

この曲の歌詞は物語のようなので、未聴の方は是非すべて聴いてみて欲しい。すごい詩世界だと思う。

恐いまでの女心。だけどこんな女性と一緒になりたいとも思う。いずれにしてもここまで思われたら幸せ。

 

MISIA 『BELIEVE

“愛してる”
それだけで こんなにも強くなる

素晴らしいメロディの中でひときわ輝くこの言葉。

恋愛に限らず大切な人すべてに向けてこういう感情ってあると思う。想う気持ちが人を強くする。素敵な言葉です。

 

 

 

スポンサーリンク

    邦楽カテゴリの最新記事