【生涯の愛聴盤】アメリカン・ロックの最高峰『 ブラック・クロウズ』から選ぶ20曲

【生涯の愛聴盤】アメリカン・ロックの最高峰『 ブラック・クロウズ』から選ぶ20曲

ブラック・クロウズ(The Black Crowes)

1990年デビューのアメリカのロックバンドでクリス・ロビンソン(ヴォーカル)とリッチ・ロビンソン(ギター)の兄弟が中心となって結成。サザン・ロックバンドの括りで語られることも多いが、その音楽性はもっと幅広い。

初めてその音に触れたのはブラック・クロウズの中でも名盤として挙げられることが多い1992年発表の2nd『サザン・ハーモニー』。このアルバムにはやられた。当時HR/HM系の音楽を中心に聴いていた中で出会った、方向性の違う極上のロック。

1992年発表の2nd『サザン・ハーモニー』

テクニカルなギターの音ばかりを追い求めていた若者に訪れた転機とでも言おうか。このアルバムを聴いてから音楽の趣味が多方面へ一気に広がった感がある。

まず耳を惹くのがクリス・ロビンソンの歌声。聴けば分かるがかなりクセのある声の持ち主である。しかしこれがたまらなくカッコいい。この歌声なくしてブラック・クロウズの音楽は成り立たない。とてもまだ当時20代半ばの若者とは思えない貫禄があるし、聴き手からしてもクセになる歌声だと思う。

発表したオリジナル・アルバムは8作。その他にもベスト盤や企画盤、数枚のライブ・アルバム(ジミー・ペイジとの共演盤もあり!)を残してます。残念なことに既に解散してますが、こんなに素晴らしいバンドは一人でも多くの人に触れてみて欲しい。そんな思いからブラック・クロウズを知るための選りすぐりの20曲を挙げてみたい。

アメリカン・ロック最高峰のひとつ。

こうまで言わせるこの私的な感情に偽りはない。

スポンサーリンク

ブラック・クロウズの20曲

1.『ジェラス・アゲイン(Jealous Again)』(『Shake Your Money Maker』収録)

2.『シスター・ラック(Sister Luck)』(『Shake Your Money Maker』収録)

3.『レメディ(Remedy)』(『Southern Harmony & Musical Companion』収録)

4.『ソーン・イン・マイ・プライド(Thorn In My Pride)』(『Southern Harmony & Musical Companion』収録)

5.『サムタイムス・サルヴェイション(Sometimes Salvation)』(『Southern Harmony & Musical Companion』収録)

6.『ア・コンスピレイシー(A Conspiracy)』(『Amorica』収録)

7.『カースド・ダイアモンド(Cursed Diamond)』(『Amorica』収録)

8.『バラッド・イン・アージェンシー(Ballad In Urgency)』(『Amorica』収録)

1994年発表の3rd『アモリカ』

9.『ネバカネザー(Nebakanezer)』(『Three Snakes & One Charm』収録)

10.『ガール・フロム・ア・ポーンショップ(Girl From A Pawnshop)』(『Three Snakes & One Charm』収録)

11.『ゴー・ファスター(Go Faster)』(『By Your Side』収録)

12.『バイ ユア サイド (By Your Side)』(『By Your Side』収録)

13.『ウェルカム・トゥ・ザ・グッドタイムズ (Welcome To The Goodtimes)』(『By Your Side』収録)

1999年発表の5th『バイ・ユア・サイド』

14.『カモン(Come On)』(『Lions』収録)

15.『ルージング・マイ・マインド(Losing My Mind)』(『Lions』収録)

16.『ソウル・シンギング(Soul Singing)』(『Lions』収録)

17.『 グッバイ・ドーターズ・オブ・ザ・レヴォリューション(Goodbye Daughters Of The Revolution)』(『Warpaint』収録)

18.『アパルーザ(appaloosa)』(『Before the Frost…Until The Freeze』収録)

19.『ヒューストン・ドント・ドリーム・アバウト・ミー(Houston Don’t Dream About Me)』(『Before the Frost..Until The Freeze.』収録)

20.『ザ・ラスト・プレイス・ザット・ラヴ・リヴズ(The Last Place That Love Lives)』(『Before the Frost…Until The Freeze』収録)

2006年発表のライブ盤『Freak ‘n’ Roll…Into The Fog』

現在は活動を別にしているロビンソン兄弟。

それはそれで悪くない。

だけどやっぱりどこかで期待してしまう。

復活してくれることを。

 

 

スポンサーリンク

    音楽カテゴリの最新記事