【2018年ベストアルバム】イマカコが選ぶおすすめ洋楽アルバム20選

【2018年ベストアルバム】イマカコが選ぶおすすめ洋楽アルバム20選

イマココカココ、ギタンです。

2018年ベストアルバム

音楽雑誌を中心にこの時期恒例の年間ベストアルバムという企画が賑わう季節。個人的にはそうした企画を目にするのが毎年の楽しみでもあります。音楽好きならきっと誰でもそうですよね。

そんなわけで当ブログでも音楽紹介を中心にやっておりますので、同じようにやりたくなった次第です。

ベテラン勢から若手まで今年も数多くのアルバムがリリースされましたが、多くのアルバムの中からイマカコ目線で2018年のベストアルバム20選をお届けしたいと思います。

とは言え2018年は私的に飛び抜けた作品に出会えなかったこともあるため、

ランキング形式ではなくおすすめ洋楽アルバム20選ということでお届けします。

是非!

スポンサーリンク

【2018年】おすすめ洋楽アルバム20選

01:スラッシュ -Slash Feat. Myles Kennedy- 『Living the Dream
ガンズでの活動も行いながら今年はスラッシュが素晴らしい作品を届けてくれた。マイルス・ケネディ(Vo.)という強力なヴォーカルを迎えてからもう数年が経ちますが、この二人の相性はとても良い。

スラッシュ節炸裂の痛快なR&Rからマイルスの美しい高音とメロディが泣けるバラードまで、バランスよく配置されたロック・アルバム。1曲目のソロからスラッシュが弾きまくっていて最高。ロック勢の勢力が弱まる昨今ではありますが、こんなご機嫌なアルバムがある限りロックが廃れることはないでしょう。

02:アークティック・モンキーズ -Arctic Monkeys- 『Tranquility Base Hotel & Casino
知らずに聴けばとてもアークティック・モンキーズの作品とは思えない。というより今までのアルバムにそれほどハマることがなかった身としては、今作のような路線で “聴かせるロック” の方がよほど好みと言える。

鍵盤を多用しミディアム調なナンバーばかりで構成されたこの作品にいわゆるロック感はない。過去作のようなノリを求めるならこれではないけど、鑑賞するなら今作。そしてずっと長く聴き続けるのも今作。変化を恐れずにここまでの作品を出してくれた。次作は果たしてどうなるのか、楽しみで仕方ない。

03:ポール・マッカートニー -Paul McCartney- 『Egypt Station
ビートルズ、ウィングス、ソロ。長い長い音楽活動期間を経て、現在76歳。枯れることのない才能とアイデアを持って、今作でも期待を裏切ることなく素晴らしい曲の数々を聴かせてくれた。

歳なんて関係ないんだな。ホントにそう思わせてくれる。渋みが増しつつも味わい深い歌声は聴いていて心地がいいし、メロディ・メイカーとしても真に驚異的。生きる伝説と化したポール・マッカートニー。まだまだこの人の作る音楽を聴いてみたい。

04:ザ・ヴァインズ -The Vines- 『In Miracle Land
オーストラリアのロック・バンドが4年ぶりに放った通算7枚目のスタジオ・アルバム。音楽性は相変わらずで変化も何もあったもんではない。それでも下手に時流に乗ってよくわからない方向転換をされるよりは全然いい。

アルバム通してヴァインズらしさが満載。ポップでサイケなロックが散りばめられている。それにしてもこういうバンドが減った気がする。だからこそこれからも変わらず活動を続けてほしいバンドの一つです。

05:The 1975 『A Brief Inquiry Into
邦題が『ネット上の人間関係についての簡単な調査』。何だかすごいタイトル。このバンドは1stを聴いてこれと言って引っかかるものがなかったのでノーマークだった。でも話題になっていたので聴いてみたら今作は素直にいいなと。いや、実際すごくいい。

特に中盤からが素晴らしい。5曲目「ラヴ・イット・イフ・ウィ・メイド・イット 」あたりからグイグイきますね。「インサイド・ユア・マインド」「アイ・クドゥント・ビー・モア・イン・ラヴ」なんてちょっと涙腺にくるし、現代のロックとはこういうものなのかと。曲といいサウンドといいセンスの良さに脱帽です。

スポンサーリンク

06:グレタ・ヴァン・フリート -Greta Van Fleet- 『Anthem of the Peaceful Army
巷ではボーカルの歌声がロバート・プラントに激似だと話題になっているバンド、グレタ・ヴァン・フリート。1曲目『エイジ・オブ・マン』を聴いた時点ではそうは思わない。そんなことよりもまず曲のカッコ良さに耳を奪われる。20歳前後の現代若者の音楽とはとても思えないほどに。

そして続く2曲目。笑っちゃうほどにロバート・プラント。以降もツェッペリン風。これはたしかに世界中が騒然とするわけだ。これをただのモノマネと捉えるか否か。賛否はあれど曲もいいし、何よりも現代若者がこうした音を鳴らしていることが嬉しい。やっぱりロックはこうでなくちゃと思い出させてくれる。聴く価値十二分にアリですよ。

07:スネイル・メイル -Snail Mail- 『Lush
このサウンドを聴いてまだ10代ということがまず信じられない。どういう環境で育てばこの若さでこうした音楽表現になるのか。まだ荒くもシンプルなギター・サウンドと強力に惹き寄せられる歌声。

そしてこの歌声がそう感じさせるのかアルバム通しての印象は物静かで影があり、いわゆる売れ線とは無縁の曲たち。それでも10代が掻き鳴らす力強いサウンドは魅力に溢れているし、きっと多くの人の胸に響くと思います。

08:ザ・レモン・ツイッグス -The Lemon Twigs- 『Go To School
ダダリオ兄弟を中心としたバンドの2nd。バロック・ポップとも呼ばれたりしてますが、これ、とにかく未聴の方には聴いてみてほしい。メロディアスな奇天烈ポップであり、妙に耳に残る歌声とメロディライン。

クセになるアルバムってありますけど正にこれがそうで、かなりヘビロテした。日本人では到底辿り着けないであろう世界観をうまく吸収し表現している。バックボーンが違う。美メロ満載のミュージカルを鑑賞しているようです。

09:スウェード -Suede- 『The Blue Hour
イギリス出身のベテラン・バンド、スウェード。一時期は活動休止していたとは言え、結成からもう30年も経つのか。さすがにブリット・ポップ期の勢い(人気という意味において)は縮小傾向だが、届けてくれたアルバムは決して過去作と比べても劣るものではない。

暗く陰鬱な雰囲気の中にもキラリと光るメロディがあり、胸の奥に響いてくる。夕暮れ以降やこれからの季節にもピッタリなドラマチックな名盤。『Life Is Golden』は必聴です。

10:ア・パーフェクト・サークル -A Perfect Circle- 『Eat the Elephant
 ToolのVo.メイナード・ジェームス・キーナンを中心に結成したバンドの14年ぶり4枚目のアルバム。ヘヴィな中にも美しさとメランコリックな雰囲気を併せ持つ。そして時にメロディアスに。

大きく括ればヘヴィ・ロックと言える音楽性ではありますが、聴かずに敬遠するのは惜しい。本国アメリカでは高い実績を誇るだけに未聴の方はこのアルバムを機にこの世界観に触れてみるのもいいのでは?

スポンサーリンク

11:デス・キャブ・フォー・キューティー -Death Cab for Cutie- 『Thank You for Today
信頼できるバンド、デス・キャブ・フォー・キューティー。インディー・ロック・バンドとしてたしかな実力を持ち、切なく儚い曲を中心としたソング・ライティングはどの作品を聴いても素晴らしい。

もちろん今作も良曲満載の出来であり以前3曲目『Gold Rush』を別記事で紹介したりもしましたが、この曲みたいにストレートに突き刺さるポップさはこのバンドならでは。このスタイルのまま長く活動してほしいものです。

12:ベル・アンド・セバスチャン -Belle and Sebastian- 『How To Solve Our Human Problems (Parts 1-3)
20年以上の活動の中でいつも上質なインディー・ポップを届けてくれるベルセバが、ここにきて最高傑作と呼べる作品を届けてくれた。老若男女、世代を超えて愛されるような音楽がこのアルバムには詰まってる。

特に『Everything Is Now』にはやられた。インストゥルメンタルとパート2という形で2回聴くことができますが、この曲のためだけでも今作を聴く価値アリ。パート2は歌入りですけど、インストでもパート2でも私的ツボを色々と突いてくる。是非多くの人に聴いてほしい名曲だと思います。

13:ミューズ -Muse- 『Simulation Theory
デビュー時からずっと追い続けているバンド、ミューズ。自身の中で好きなバンドの一つであることに間違いはない。だけど今作はミューズの中で初めてと言ってもいい程に、最初はまったく良さがわからなかった。ジャケのデザインも曲も含めてイマイチだった。かつて聴いたことがあるような曲ばかりだなと。

でもどこかに良さを見い出そうと聴いているうちにやっぱりハマった。現代ロックの先頭を走るバンドとして鳴らしている音。ジャケの様に近未来を感じさせるロック・サウンド。あまり変化してほしくないバンドではありますが、結局このカッコ良さにやられてしまった。なんだかんだ言っても、ロック好きは必聴の一枚です。

14:ジェームス・ベイ -James Bay- 『Electric Light
1stが良すぎたせいもあり、その期待感からこの2ndを聴いても最初はしっくりこなかった。今っぽいアレンジはあまりこの人には似合わない。何か違うなと。ミューズ同様に最初はこの新作に対して批判的な思いがあった。

それでも聴いているうちにこの人の表現の幅広さやソウルさえ感じる各曲の良さ、メロディの素晴らしさに気づいたし、何よりもジェームス・ベイの歌声が好き。しっとり~アップテンポなロックまで、ギュッと濃縮パッケージしたような良作です。

15:スノウ・パトロール -Snow Patrol- 『Wildness
スコットランド・グラスゴー出身のロック・バンドであるスノウ・パトロール。このバンドはやっぱりいい意味で変わらない。力強く、優しく、温もりを感じる歌声には毎回癒される思い。

良曲だらけの中でも特にとてもシンプルなピアノの音色に乗せて歌う6曲目『What If This Is All The Love You Ever Get』なんて名曲と言わざるを得ない出色の出来映え。こういう曲はずっと聴いていたい気持ちになる。必聴です。

スポンサーリンク

16:ファーザー・ジョン・ミスティ -Father John Misty- 『God’s Favorite Customer
前作『Pure Comedy』同様に派手さはなくとも耳に残る上質な音楽を、わずか1年2ヶ月という期間でまた届けてくれたアメリカのシンガー・ソング・ライター、ファーザー・ジョン・ミスティ。

聴く程に良さが増幅していく感覚があるし、個人的にはルーファス・ウェインライトにも似た「声の持つ温もりと優しさ」が本当に好き。こんなに味わい深いアルバムはそうそうお目にかかれない。静かなひとときに最高な一枚。

17:ジェフ・トゥイーディ -Jeff Tweedy- 『Warm
ウィルコのフロントマンによるソロ作が今年が終わる目前に滑り込んできた。ウィルコはオルタナティブ・ロックやフォーク、カントリーを主体とした愛すべきロック・バンドでずっと追い続けている。

今回のソロ作も本体であるウィルコの音楽性と大きく変わらないが、よりシンプルに『歌』が響いてくる。一聴すると地味かも知れないが、そこはさすがジェフ。時折見せるギターのワンフレーズもキラリと光るものがあります。

18:スタークローラー -Starcrawler- 『Starcrawler
ロサンゼルス出身の4人組パンクバンド。なんと全員が10代という驚異。何年かおきに出てきますね、こういうタイプの女性フロントマンって。ある種、男の領域さえも超えた女。

ノイジーなサウンドに乗せて激情的なパフォーマンスで声を張り上げるヴォーカルのアロウ・デ・ワイルド。ライブ映像を見れば分かりますが、ちょっと衝撃的過ぎる。ちょっと怖い。それでもこの若者たちが何を音楽を通じて伝えようとしているのか。今後も注目してみたいバンドです。

19:スマッシング・パンプキンズ -The Smashing Pumpkins- 『Shiny And Oh So Bright, Vol. 1 / LP: No Past. No Future. No Sun.
18年ぶりにまさかのオリジナル・メンバーがほぼ再集結。その話題性も期待も裏切ることなく完璧なスマパンを見せつけてくれた一枚。このバンドはやっぱり凄い。

ビリーの相変わらずのソングライティングはさすがだし、やっぱりこうしたメンバーでの長い活動を望んでしまう。スマパンを知らない若者にも是非聴いてみて欲しい作品。この再集結は正解ですね。

20:ザ・ストラッツ -The Struts- 『Young & Dangerous
06で紹介したグレタ・ヴァン・フリートがツェッペリンなら、ザ・ストラッツはクイーン(特に意味するところはフレディ・マーキュリー)を彷彿とさせる。

もちろんクイーンがやってきたような歴史に残る音楽と単純比較できるものではないし、たまたま似ている要素があるだけかも知れない。色眼鏡を外して聴いてみれば、現代に足りなくなったロックに出会うことができる。まだまだ若いバンドなだけに今後に対する期待値も大きく楽しみなバンドです。

 

ヒップホップ勢が主流の現代において、ヒップホップにそこまで馴染めない筆者ですので、やはりロックよりの選択になりますね。今年は例年になく本当にいろいろなアーティストの作品を聴いてきました。改めて音楽の持つ素晴らしさを実感できた一年。

来年もまた素晴らしい音楽に出会えると思うとワクワクします。

リリース情報をマメにチェックしてより幅を広げて行きたいなと思っておりますよ。

それでは!

 

 

スポンサーリンク

 

    音楽カテゴリの最新記事