【Oasis】世界中が待ち望む! 再結成を最も期待するバンド「オアシス」

【Oasis】世界中が待ち望む! 再結成を最も期待するバンド「オアシス」

イマココカココ、ギタンです。

Oasis(オアシス)

少なくとも洋楽を聴く人でこのバンド名を知らない人はいないでしょう。たとえ音楽に興味がない人でも一度は何かしらオアシスの曲を聴いたことがあるはず。

世界中で絶大な人気を誇り名実ともに頂点にいたし、日本での人気ももの凄かったバンド。今さら細かい説明は必要ないと思いますので、オアシス初心者の方はこちらをご覧ください → オアシス(バンド)

ちなみに当サイトではいろいろな音楽の紹介をしていますが、オアシスの曲はほとんど挙げてません。理由は「メジャー過ぎる」から。オアシスの名曲はすでに知っている人が多いと思うので、あえて避けてます。

「オアシスの大ファンなのにこれでいいのか?」 自問自答の末、ここはやはり特集で臨むべきバンドだなと。

残念ながら既に解散し、バンドの中心であるギャラガー兄弟はそれぞれ順調に活躍中。それも悪くはない。でも出来ればもう一度「オアシス」での活動を見たい。切に願う今日この頃です。

というわけで、オアシスの魅力に迫りますよ。是非!

スポンサーリンク

オアシスにハマった10の魅力

オアシスの功績やバンドヒストリー、ギャラガー兄弟の様々なエピソードに関しては既出の情報がネット上にいくらでもあるので、そうしたところには触れず個人的な思いを綴ります。

1.リアム・ギャラガー
まずはやはりこの人。悪ガキだけど憎めないキャラクターとフロントマンとしてのカリスマ性が素晴らしい。声もルックスも良く、ファッションや言動も常に注目の的。紛れもなくロック界のスターだった。ライブでの立ち位置を変えずに歌う姿とタンバリンがまたカッコイイ。兄であるノエルの陰に隠れがちなソングライターとしての才能も実はあります。破天荒な生き様に男として惚れたし、素晴らしいミュージシャンですよね。

2.ノエル・ギャラガー
オアシスの核となるメインソングライター兼ギタリストであるノエル。オアシスを聴き始めた当初は、ノエルの歌声が苦手でした。名曲「Don’t Look Back In Anger」でさえリアムが歌えばいいのにと。今となっては微塵もそんなこと思いませんが(笑)。それだけ「リアムの声」が好きだっただけのこと。それにしてもノエルの才能は凄まじい。ソングライターとしてもギタリストとしても惹きつける魅力が溢れています。

3.素晴らしき楽曲の数々
オアシスがあそこまで巨大化したのは間違いなくノエルの作る曲があってこそ。天才的なソングライティング、メロディーセンスはもはや人間国宝。そんな名曲量産型の兄から創り出される曲をカリスマリアムが歌い上げれば悪いわけがない。ブリットポップ全盛期に頭二つは抜きん出ていた理由の一つが「楽曲の良さ」だった。

4.ギター
ノエル・ギャラガーはギタリストとしても素晴らしい。テクニック云々ではない引き出しの多さ、少ない音数で表現するセンス溢れるフレーズの数々は聴いていて気持ちがいい。オアシス以降に似たようなギタープレイを良く耳にしたのはそれだけフォロワーも多かったということ。

5.愛おしいほどの兄弟喧嘩
ファンお構いなしに展開する数々の兄弟喧嘩。結局は不仲説が現実のものとなり解散にまで至ってしまう。でもこうした話題がニュースや記事になること自体、面白いですよね。「またリアムかよ~」「兄ちゃんも言い過ぎたな」みたいに音楽以外のことでも楽しませてくれました

6.アルバム発表前の幸福感
時代はまだダウンロードなるものではなく「CD」を現物調達する時代。そんな中、オアシスほどアルバム発売日が待ち遠しいバンドはいなかった。新作発表の情報を知った時点で人生の楽しみが増え、発売後に店頭に出向く足は浮き足立っていた。現物を目にし、手にした後の幸福感たらなかった。ここまで思えるバンドは自身の中でかなり「稀」です。

7.来日発表のワクワク感
当時ライブに行くのは年に数回(仕事の都合上、基本的に土日公演しか行けない)。好きなバンドやアーティストであっても余程人気がない限りデカいハコの土日公演はないもの。でもオアシスは土日公演が間違いなくあったから、来日のニュースを知れば胸がトキメイタ。チケットを何が何でもゲットして絶対に観に行く。あのワクワク感は最高でしたね。

8.ライブ前の緊張感
例えばガンズのアクセル・ローズのように、リアム・ギャラガーも機嫌を損ねれば公演に影響が出てしまう悪童。開演時間の遅れで済めばまだいいが、公演中止なんて堪ったもんじゃない。そんなことはまずないでしょうけど…。そういう意味での緊張感。2005年サマソニ東京公演2日目のヘッドライナーはオアシス。ウィーザー終了後にもみくちゃになりながらオアシス登場を待った。予定を遅れること40分。いろいろな思い(不安)が頭を駆け巡る中メンバー登場→大歓声。泣いた。

9.ライブの高揚感
オアシスはスタジアム級の会場を沸かす真のライブバンド。シンガロングは当たり前。日常生活の中で何度も聴いてきたアルバムや名曲の数々を目の前で観るんだから、気持ちが高ぶり感情が爆発するのは当たり前。バンドも含め会場が一体化するライブ、最高です。

10.アルバムジャケット
アルバムジャケットのアートワークが秀逸。こういうところもバンドの拘りが垣間見れます。聴いて良し、飾っても良し。こういうバンドのアルバムはダウンロードがメインになっても「現物」を手にしたくなりますね。

スポンサーリンク

オアシスの名曲 あえて10曲選ぶなら

名曲が多いバンドなので難しい。アップテンポからミディアム調のバラードまで、ここまで名曲を数多く創り出しているバンドもなかなかいない。順不同で挙げてみようと思います。

『The Masterplan』   Watch videos:https://youtu.be/dPPi2D6GK7A

『Roll With It』   Watch videos:https://youtu.be/DrARl0dzd-0

『Slide Away』   Watch videos:https://youtu.be/3GCSUSwcDwg

『Don’t Look Back In Anger』   Watch videos:https://youtu.be/r8OipmKFDeM

『Champagne Supernova』   Watch videos:https://youtu.be/tI-5uv4wryI

『Mucky Fingers』   Watch videos:https://youtu.be/5zr5gpPBXko

『All Around The World』   Watch videos:https://youtu.be/bdT8ixdxPX4

『Don’t Go Away』   Watch videos:https://youtu.be/Ab1nJg4RKw0

『Let There Be Love』   Watch videos:https://youtu.be/3TqJa0RZOUc

『Stand By Me』   Watch videos:https://youtu.be/maTP315XZCQ

見事にミディアムナンバー中心。しかしこれぞオアシスの真骨頂。アルバムのアップテンポの間に入ってくるメロウな曲の数々。こういうタイプの曲でオアシスにハマっていきましたよ。選曲も活動中期までに偏ってしまった…。

スポンサーリンク

オリジナルアルバム No.1はこれ

オリジナルアルバムとして発表しているのは7作品。他にはベスト盤、シングルB面集、ライブ盤がありますね。いずれもオアシス節が炸裂した好盤ばかり。その中で個人的「名盤」と言えばコレ。

『Be Here Now』  1997年8月発表の3rd Album

世間の評価はイマイチ?な本作ですが、佳曲揃いの名盤で一番好きですね。先に挙げた「All Around The World」「Don’t Go Away」「Stand By Me」はこのアルバムに収録されてます。

オープニングを飾るミディアムテンポなロックナンバーD’You Know What I Mean?を挨拶代わりにアップテンポな曲、メロウな曲がバランスよく並びアルバム通して聴いても飽きない。

普通のバンドでこれだけの曲が揃っていれば、これがベスト盤と言っても何一つ不思議ではない楽曲の数々。(いや、普通のバンドにはこんな曲書けないか)。恐るべしオアシス

結論!オアシスの再結成を願う

2018年現在、兄ノエルは「Noel Gallagher’s High Flying Birds」として、弟リアムは「Beady Eye」というロックバンドを経てソロ活動中。

これはこれで悪くない。むしろお互いがお互いを抜きにしてこれだけの作品を発表していることに驚きます。特にノエルはやっぱり凄い。「Noel Gallagher’s~」もかなりカッコ良い。曲作りの才能が青天井です。

恐るべしギャラガー兄弟。

もしこの二人がもう一度一緒になってオアシスとしての活動を再開したら…。

どのタイミングで発表しても音楽業界ではその年一番のビッグニュースだと思いますし、こんなにうれしい再結成は他に思いつきません。

きっと再結成後に発表されるアルバムは全盛期さえも超えるんだろうなと…根拠のない想像までしてしまう。金儲けのために一時的に再結成してライブしておしまいみたいな、そんなことは絶対しないと思う。

オアシス再結成。考えただけでワクワクしますね。

再結成後、ニューアルバムを引っ提げて来日公演。想像しただけで興奮しちゃいますよね。

今は今で悪くない。

それでも切に「オアシス再結成」を願ってますよ。

 

 

スポンサーリンク

    音楽カテゴリの最新記事