アルバムの中でフロントマンじゃない人が歌ってる曲が苦手ですっ飛ばす

アルバムの中でフロントマンじゃない人が歌ってる曲が苦手ですっ飛ばす

イマココカココ、ギタンです。

洋・邦・ジャンル問わずの音楽好きでいろいろと聴いてますが、

アルバムを聴いていると、バンドによってはフロントマンじゃない人が歌ってる曲がありますよね

個人的にはあれって必要?? と思ってしまう。

そもそもヴォーカルってバンドのフロントマンだから一番大事だと思う。その人のルックスなり声なり曲の良さなり、なにかしら魅かれるところがあってそのバンドに興味を持ちます。

言わば「曲自体」そして「バンド」のイメージを決定づけているのがヴォーカルの「声」。

もちろん曲のカッコ良さが先にくる場合も多々ありますけど。

「うわっ!この曲すげーいい!カッコいいわー」ってなるときはヴォーカルどうこうより、バンドのアンサンブルやプレイヤー自体に魅かれて聴き始める、そしてファンになる。

聴き手によって聴きどころが違うとはいえ、アルバムを聴いていて突然ヴォーカルの声が変わった曲が始まると興ざめしません??

スポンサーリンク

メインヴォーカル以外が歌う曲があるバンドを挙げてみる

まず残念でならないのが「ユニコーン」。80年代バンドブーム全盛の中デビューした人気・実力ともにあるバンド。名曲も多く大好きなバンドの一つです。

が!! このバンドは全員がヴォーカルを務めます。ちなみにこのバンドのメインヴォーカルが「奥田民生」であることに異論はないですよね? 間違いなくこのバンドのメインヴォーカルは民生です。でもユニコーンは全員が曲を書くし、そのルックスやキャラからアイドル的な側面もあるために、他のメンバーがヴォーカルをとる曲が多い。

いらない。

アベビーはまだ許せますがテッシー、エビ、西川くんは歌わない方がいい。

僕の中では、ヴォーカルが変わってしまうことによってアルバムを通して聴けない典型的なバンドです。

メンバーそれぞれのファンからすれば、歌声を聴けるのは嬉しいことなんでしょう。しかもユニコーンに関してはライブでの「楽しませる」パフォーマンスもありますからね。メンバー全員がメインになりたいバンドなんだから仕方ない。

でも! 全ての曲を民生が歌っていれば、もっと評価も人気も変わると思うのにな~。と思ってしまう。素晴らしいバンドなだけになんか残念。

っていうか、民生が全部歌った方がいいから! 絶対! 

続いては「サザンオールスターズ」。もうね、歌は桑田佳祐だけでいい。サザンのアルバムは桑田の声の一本化でよくないですか?  奥様はソロアルバムで存分に歌えばいいじゃないですか。デュエットならまだしも、1曲通して歌うならサザンのアルバムじゃなくてもいいのでは? それも含めてのサザンなんですかね。

オリジナルアルバムならまだいいとして、ベスト盤でも入ってきますからね。サザンのベストにこの曲いれる??と感じてしまうのは僕だけでしょうか…。箸休め的な感じで捉えればいいのかな…。

お次は海外。例えばエアロスミスクイーン。エアロスミスは「スティーヴン・タイラー」、クイーンは「フレディ・マーキュリー」。 共に素晴らしいヴォーカルがフロントマンの世界的なバンドです。

二人とも一声でそれと分かるし、特徴的で魅力ある歌声は多くの人を惹きつけます。でもアルバムには他のメンバーが歌う曲を入れることがある。

これが苦手。ものすごく苦手。一回聴けば充分です。ギタリストならギター、ベーシストならベース。それでいいのにな。

ビートルズのようにもともと誰がメインってわけじゃないバンドで、活動スタイルがそれならいいんですけど、いわゆるロックバンドならヴォーカルは固定した方が絶対にいい。求めていない人が歌っても下手したらカラオケを聴かされているのと同じ感覚になってしまう。

スポンサーリンク

歌うならソロで。そこで自由に歌ってほしい

バンドでの担当は楽器隊だけど、実は歌いたいんだ。と思っての行動なのであれば、別の機会を作ってほしいですね。何と言ってもそのヴォーカルが好きだから聴いているファンが多い。少なくとも僕はそう。

ヴォーカルって歌声に普通の人にはない魅力がある人が多い。だからフロントマンになれる。そんなフロントマンがいるのに「普通」な歌声で、それほど上手くない歌を聴かされてもね~。一度聴いたら次は聴かずに「すっ飛ばす」。

なので、どうしても歌いたいのであれば「ソロ」「その他のバンド」「イベント」など、バンドとは違う場所で歌えばいいのにと思ってます少なくともアルバムには収録してほしくないな~。

他にもこういうバンドって結構いますが、歌はフロントマンであるヴォーカルだけが歌えばいい。ホントそう思います。

まとめ

実際のところ聴き手の問題でもあるので、嫌なら「すっ飛ばす」でいいんですけどね。聴きたい人や気にならない人、それも含めてのバンドでしょって思っている人もいるはずなので。

ただ僕は聴けない。フロントマン以外が歌っている曲をいいと思ったことがない。逆に言えば、それだけフロントマンという存在が凄いということです。ギターのテクニックが凄いギタリストがいるように、信じられないドラムを叩くドラマーがいるように、「歌うこと」に全てを捧げているヴォーカリストをナメてはいけません。

カラオケレベルの歌を聴くくらいなら「すっ飛ばす」。

ってな感じですね!

それでは!

 

 

スポンサーリンク

    音楽カテゴリの最新記事