【80年代後半のヒット曲】若者にこそ届けたい!極私的。懐かしの名曲10選!!

【80年代後半のヒット曲】若者にこそ届けたい!極私的。懐かしの名曲10選!!

イマココカココ、ギタンです。

僕が音楽に目覚め始めた80年代後期。
アイドルソングを中心に聴いていた時期を経て、幅広く音楽に反応し始めた。
音楽メディアもレコードからCDへと移り変わっていった時代。
多くのヒット曲が生まれましたが、90年代前半(記事はこちら)と同様に、
ここでは極私的、今でも心に残る、おすすめな名曲たちを厳選してお伝えしたいと思います!
最近の曲もいいけど、一昔前の音楽もいいですよ!

若者にこそ聴いてほしい! 是非チェックしてみてください!!

スポンサーリンク

No.01:小比類巻かほる 『HOLD ON ME』
1987年2月26日発売。この曲はなんといってもサビ!サビ!サビ! 歌い出しからサビですが、メロディと歌声が琴線に触れてくるんですよね~。いや~、めちゃくちゃ好きですわ~。
Watch videos:https://youtu.be/ja1ymJQt1z0

No.02:KUWATA BAND 『MERRY X’MAS IN SUMMER』
1986年7月5日発売。同日に発売された「スキップビート」の方が人気があって売れてましたけど、僕は断然こっちだった。こんな素敵な曲を書ける桑田佳祐は、日本が世界に誇る天才ソングライターです。
Watch videos:https://youtu.be/EQDlFH4JV2U

No.03:浜田麻里 『Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。 』
1989年4月19日発売。映像を見ていただけるとわかりますが、この歌唱力、声、そして万人の心に響く素晴らしいメロディ。完璧です。最高な女性ヴォーカリストの一人ですね。
Watch videos:https://youtu.be/YyVNZOmc_x8

No.04:清水宏次朗 『Summer of 1985』
1987年7月21日発売。ビーバップのヒロシ役、コワモテのこの人がこんなに爽やかな曲を歌うなんて、驚いたと同時にハマっちゃいましたね(笑)。今聴いてもホントいい曲だと思います。
Watch videos:https://youtu.be/bqvaXEheBE4

No.05:チェッカーズ 『Song for U.S.A.』
1986年6月5日発売。数多くのヒットを飛ばしたチェッカーズですが、今も昔も僕の中でのチェッカーズはこれ!当時、何度聴いたことか。そのルックスからアイドル扱いでしたけど、実力は本物です。
Watch videos:https://youtu.be/_HZy2pjmQ1g

スポンサーリンク

No.06:Wink 『Sugar Baby Love』
1988年4月27日発売。カバー曲ではありますが、永遠不滅の名曲ですね。こんな素敵なメロディに乗せて、可愛らしいアイドルが乙女心を歌うんだから、たまらんです。サイコー。
Watch videos:https://youtu.be/WiNXdvCeSFM

No.07:SHOW-YA 『私は嵐』
1989年6月7日発売。もはやガールズバンドと言っていいのか分からない! 超絶カッコいいっす!!軟派なバンドを蹴散らして男前な曲を演奏する女たち。素敵すぎます。
Watch videos:https://youtu.be/ZERtkzdV57Q

No.08:米米CLUB 『TIME STOP』
1988年10月21日発売。米米は1990年に「浪漫飛行」という不滅のナンバーを発表しますが、男の色気たっぷりに歌い上げるムーディーなこの曲「TIME STOP」も負けず劣らず名曲です。
Watch videos:https://youtu.be/j9pAdt7k8Dw

No.09:レベッカ 『One More Kiss』
1988年11月21日発売。レベッカのミディアムな曲がホント好きで、特にこの曲はずば抜けている。NOKKOの声は魅力に溢れてますね。「Maybe Tomorrow」も良かったな~。
Watch videos:https://youtu.be/LmO5BViwFuo

No.10:PERSONZ 『DEAR FRIENDS』
1989年2月21日発売。この時代のアンセムともいうべき代表曲。カラオケでも定番中の定番でしたね。この曲が流れてるとみんなで熱唱。なかなかないですよ、そういう曲は。いや~、泣けるわ!
Watch videos:https://youtu.be/19mIoezJNkU

 

いや~、素晴らしい。

若い頃によく聴いてた曲って、どうして今でも口ずさめるんですかね。
忘れないんだから不思議なものです。
久しぶりに聴いてみて、相変わらず素敵な曲たちだなと思いました!
あの頃のいろんな記憶が蘇るな~。

それでは!

 

 

スポンサーリンク

    音楽カテゴリの最新記事