【ブックオフが好き】欲しい品を見つけたときの喜びは?ネット購入の数十倍!

【ブックオフが好き】欲しい品を見つけたときの喜びは?ネット購入の数十倍!

イマココカココ、ギタンです。

僕はCDや本を目当てに中古屋を探索することが大好きで、よく漁りに行きます。

特にブックオフ。以前はレコファンやディスクユニオンというお店もよく利用しましたが、最近はブックオフばかりです。

もともと中古品に対しては抵抗感がありました。特に本。黄ばみや折れや破れなどあると安くても買う気にならないし、ちゃんと見て買ったつもりでも、メモが書いてあるのを後から見つけたりするとガッカリです。

スポンサーリンク

CDに関しても盤面やジャケットのキズ・汚れ、ケースの破損とかザラにありますからね。そういうの気にするくらいなら中古で買わなければいいんですけど。でも!

やめられない。

止まらない。

というより、むしろハマってる。 なぜなら楽しくて仕方ないから。

なぜ、ブックオフが好きなのか

  1. 全国の至る所にある店舗数の多さ。出先でたまたま見つけると嬉しくなる。
  2. 種類が豊富。本でもCDでもあらゆるジャンルを取り揃えている。
  3. 店舗によるがセールの内容がスゴイときがある。(たたき売り)
  4. ジャンル分けが細かくて探しやすい。
  5. CD売り場の「280円」「500円」コーナーが熱い。
  6. 会員カードのポイントが意外に早く貯まる。
  7. 何ともいえないB級感。身近な存在に感じるアットホームな雰囲気。

ざっと思いつくのはこんな感じです。総合的に他店より魅力的です。

スポンサーリンク

あと、やっぱりこういうお店の魅力って「自らの足で出向き、自らの目で探し、自ら手に取って購入する」っていうところがいいですよね。ネットで何でも買える時代なんで、アマゾンでも楽天でも覗いて見れば欲しいものはすぐに見つかります。注文さえしてしまえば自宅にもすぐに届きます。

わざわざ出向いて、あるのかないのか分からないお目当ての商品を探すなんて、ナンセンスかもしれません。

でも!そこがいいんです!! この「お宝探し」感が面白いんですよね、すごく。

探してたものが見つかって、しかも思っていた以上に安い値札が貼られていたときの喜びと快感。

ネットでも中古品を探していれば似たような喜びは味わえますが、カラダを使った分、出かけて見つけた方が喜びは大きいもの。ネット購入の数十倍は嬉しいです。

あと、見つけた商品の購入を迷ったとき。「ちょっと高いな」「状態がイマイチだな」「無理に今日買わなくてもいいや。次にしよう」とか。

で、後日やっぱり欲しくなって買いに行ったら「もう置いてなかった」「他の人に買われてしまった」なんてことがよくあります。こうなるとショックです。「やっぱり買っておけばよかった」と嘆きます。

中古品はそのときの「出会い」を大切に考えないと残念な結果になりかねません。同じ商品でも「状態と値段」は違います。いかに良い状態のものを安く手に入れられるか。今買うべきか否か。その辺の判断も含めて商品と向き合う時間。これが個人的な醍醐味だったりします(笑)

その醍醐味にハマってしまうと、中古販売店の見方が変わってきます。

もはや宝探しゲーム。なかでもブックオフはそこら辺に点在するので、すぐに行ける「宝島」なんです。

ゲーム感覚も持ち合わせて買い物に行くので、楽しいんでしょうね。

スポンサーリンク

おわりに

ブックオフって店舗によっては、かなり幅広くいろいろな商品を揃えてますよね。ゲーム、家電、服、楽器、スポーツ用品、ブランド品、おもちゃ、家具etc、もはやお店の名前とまったく合ってないラインナップです(笑)。

でもそこが楽しい! 僕はCDと本くらいしか基本的に見ませんが、ひとりで行っても家族で行っても楽しめるお店だと思います。中古品に抵抗がなければ、このワクワク感はハマります

音楽が好きなんで、本も音楽系をよく探すんですけど、必ず見るのは「バンドスコア」のコーナー。バンドスコアって絶版してるのが多いし、本当に欲しいものは滅多にお目にかかれないので、ツチノコを見つけるような感覚で毎回楽しんでます

1年程前に近所のブックオフが閉店してしまったんですけど、かなりショックでした。すぐに行ける憩いの場所だったんで。現状ウチの近所にある、他のどんなお店が閉店してしまっても、悲しくてショックを受けることはないです。だけど、ブックオフがなくなったのは悲しかった。心から寂しいと思った…。

こんな気持ちにさせてくれるお店はそうそうないな。大袈裟ではなくそう思います。

ブックオフさん、これからもよろしくお願いします。

スポンサーリンク

    パーソナルカテゴリの最新記事