悩んで学んでまた悩む コンプレックスとのお付き合い -3-

悩んで学んでまた悩む コンプレックスとのお付き合い -3-

効果あり?痛みのぶんだけ価値もある

 

-2- からのつづきです。   -2- はこちらから

自宅でひっそりと続けた家庭用のレーザー脱毛器。痛みとの闘いはあれど、「除毛ムース」「脱毛テープ」に比べれば、その実力は確かなものでした。

毛には「毛周期」があるので生えかわりのサイクルによっては、脱毛後の生えてくるタイミングにバラツキがあったような気はします。でも「生えにくく」なってきた感じがあったんです! 脱毛に費やす時間が少しでも減れば、ストレスの軽減にも繋がります。手間に関しても、少なくとも除毛ムースよりはマシ。ローラーが引っこ抜いた毛があたりに飛び散ったりはしますけど、床の上でやってる分には飛び散った毛をかき集めてティッシュでくるんでポイするだけ。「今までで一番いいぞ」そう思いましたね。

痛いけど効果は認められたんで、しばらくはお世話になりました。

スポンサーリンク

さらなるマシンに出会う!顧客満足度が高かった脱毛器

それから数年、自宅での脱毛を続けました。冬はもう「毛」に対して特に対応はしなかったです。脱毛効果に関しては「家庭用の脱毛器にこれ以上の効果を望んでも仕方ない」と思ってました。

あと気持ちの変化も大きかった。年を重ねるにつれ「コンプレックス」に対しての感情が弱くなりました。中学や高校だと、体育の授業だったりプールの授業だったり、嫌でも肌をさらけ出す場面がありましたけど、さすがに社会人になってからは「嫌でも肌をさらけ出す」場面がないですからね(笑)。手や腕は相変わらず気にしてましたけど、足なんて海やプールに行くときくらいしか毛の処理を考える必要がなくなりました。

そして月日は流れ、当時お付き合いをしていた彼女(現奥様)が所有していた脱毛器を使う機会が訪れたんです。コンプレックスが弱まっていたとはいえ、脱毛器なんて自分のしか使ったことなかったんで興味が沸きました。で、自分のと大差なんてないだろうと高をくくって使ってみると。 これが違った!

良かったのは「指毛」の処理。ローラーの幅が僕が使っていた脱毛器より狭く、細い箇所でも抜きやすいのとレーザーの照射も当てやすかった。あと、レーザーの照射強度が3段階あったので「一番強いの当て続ければ期待できるんじゃない?」と脱毛魂にふたたび火が付きました

ちなみに商品名は「シルキーレーザー」。ヤーマンというメーカーが出していた商品です。

しばらく使ってみると…。

今まで使っていた脱毛器に比べ、数倍は良かったです。痛みはどちらも一緒でしたが、レーザー照射の効果が違う。ホントに生えにくくなったし、ちょっと毛自体が薄くなってるような気もしました。

いいの持ってるじゃ~ん!

この商品には満足感がありました。永久脱毛ではないけど、たまにこれで脱毛すれば充分だなと。

スポンサーリンク

と思ってたんですけど、使ってるうちにこの脱毛器壊れちゃったんです(笑)。電源入れても反応しなくなっちゃって。

これはショックでした。せっかくいい商品に出会えたのに…。

最終手段はやっぱり!? メンズエステの体験談

壊れたものは仕方なし。僕も彼女も買い直すほどの気持ちはなかったので、家庭用脱毛器の使用はこれにて終了しました。おかげさまで昔に比べればちょっと毛が薄くなったかな?という感じもするし、加齢にともないコンプレックスも和らいできた。もういいかなと。

そこから2年程、脱毛とは無縁の生活を送ってましたが、ちょっと貯金も貯まってきた頃に、ふと思ったんです。「メンズエステ」って今までスルーしてきたけど、どうなんだろう?

というのも、コンプレックスが和らいだとはいえ無くなったわけではないんで、どこかで永久的に解放されたい思いがあったんです。高いだろうし、エステに行くということに対して変な緊張もあったし、冷静に考えました。考えた結果、行くことにしましたよ。

行ったのはダンディハウス」。理由は地元にあって近かったから。それだけです。ちなみに6~7年前の話なんですけど、金額的なことは細かく思い出せません。たしか、入会金やらお手入れのローション代やらなんやらで初めに11万円ほど払った気がします。この中に何回分かの施術料も入っていた気が…。

正直やっぱり高いです。でもやるのはニードルを使ったいわゆる永久脱毛。ニードル脱毛というのは専用の針を毛穴の1本1本に挿入し、電流を流して毛根自体を破壊しちゃおうという脱毛法です

永久に毛の悩みとサヨナラできるなら仕方なし。永久脱毛のスタートです。脱毛する箇所は手の甲と指、足の甲と指に限定しました。以下、体験談まとめをどうぞ。

  • 1本1本の毛穴にニードルを刺して電流を流すので、1時間ほどの施術では期待するほどの本数を脱毛することができない。
  • 脱毛時の痛みはかなり強烈。個人差はあると思うが痛みに弱い人は要注意。痛みは脱毛部位によって変わるが、個人的には指などの、肉が薄く骨に近い場所は耐え難い痛みだった。
  • エステティシャンによって施術の時間内で脱毛できる本数がけっこう違う。また、エステティシャンによって施術時の痛みも違う。技術レベルに個人差がある印象。
  • 抜いても抜いても毛周期のタイミングで外に出ていなかった毛が生えてくるので、すべてを終えるまでにどれほどの時間とお金を費やすのかが不安になった。
  • 一度脱毛したところはもう生えてこないので、やる度に全体の毛量は減っていく。

こんな感じです。結果、ある程度通って辞めました。使った金額はトータルで20万円程。全部やりきるにはお金が続かない…。あとは、あの痛みを思うと個人的には戦意喪失です(笑)。

でも、見た目はだいぶ変わりましたよ! 間違いなく僕の手足の甲と指毛は薄くなりました!!

あれから数年経ちますが、今、脱毛は一切してません。もうこれでいいやと思えるようになったから。


↑ランキング参加してます。クリック応援お願いします! 

つづく

スポンサーリンク

    悩みカテゴリの最新記事